中央市場にある「奈良県食品衛生検査所」とは?

 中央卸売市場で取り扱われる食品やその施設は、中央市場内にあります「奈良県食品衛生検査所/市場食品検査課」に勤務されています食品衛生監視員の方々によって、日々チェックされ、市場から出荷される食品の安全が監視されています。

 検査対象は検査員の方が抜き取りで行い(食品衛生法に基づく食品等の抜き取り検査であり、「収去検査」と呼ばれています)、野菜については残留農薬(放射性物質については専門の検査所に回します)を中心に、鮮魚などの生鮮品や加工食品については細菌検査や食品添加物の含有状況等を中心に、日常的に監視が行われています。

 更に、市場内事業者からの食品の安全維持に関する問合せや相談なども幅広く受け付け、中央市場全体の食品の安全を守る拠点になっているのです。

こうして中央市場からの出荷食材は、「市場のプロ」がその目利きで選んだ「こだわり」の食材を、単に「おいしい」だけでなく、「市場の食品衛生のプロ」が衛生面でしっかりと支え、食品の安全が守られているのです。

 無理を言って検査所の入り口辺りの写真を撮らせて頂きました。

奈良県食品衛生検査所

 詳しくは、奈良県のホームページを参照下さい。

http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=3523

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ